メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

杉崎慎弥(テヘラン支局長)

twitter icon

テヘラン支局長。The Asahi Shimbun Tehran Bureau Chief。国際報道部、政治部、東京社会部、グローブ編集部などに在籍。国際政治、特に欧州連合(EU)などに関心。海外特派員は初めての経験。

杉崎慎弥 最新のツイート

写真から杉崎慎弥のニュースを見る

  • アサド政権軍と反体制派の激戦が続いたアレッポ城前では、砲弾の着弾で傷んだ石畳を張り替える作業が進められていた。城門にはアサド大統領の巨大な写真が掲げられていた=12日
  • シリア内戦の勢力図
  • パレスチナ自治区ガザのイスラエルとの境界近くで10日、イスラエル軍が撃ち込んだ催涙ガス弾を投げ返すパレスチナ人の若者たち=杉本康弘撮影
  • ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラで7日、トランプ米大統領の演説に抗議する人々=渡辺丘撮影
  • アフメッド・エルベヘイリ氏
  • リポーターのマリア・コマンドナヤさん=本人のツイッターから
  • おかみ考案の薬膳ちゃんこ
  • 4平方メートル足らずの店内で紅茶をいれるマブフティアンさん=テヘラン市内、杉崎慎弥撮影
  • 地震で壁が崩れ落ちた「愛情住宅」(左)。隣接する一般住宅(右奥)には目立つ損傷がなかった=14日、イラン西部サレポレザハブ、杉崎慎弥撮影
  • イラン西部サレポレザハブで13日、損壊した家屋の片付けに疲れ果てて、がれきの上に座り込む人たち=杉崎慎弥撮影
  • イラン西部サレポレザハブで13日、家を失った被災者たちが、テントを張るなどして寒さをしのぎながら避難生活を送っていた
  • 震源に近いイラン西部ケルマンシャー州の空港では、地震の負傷者を首都テヘランの病院に運ぶチャーター機が用意されていた=13日、杉崎慎弥撮影
  • イラン西部ケルマンシャー州で13日、生存者を捜し、探知犬を連れて被災地を歩く救助隊員。イラン学生通信提供=AP
  • イラン西部ケルマンシャー州のサレポレザハブの中心部で、地震で崩れた建物に集まる人たち=13日、杉崎慎弥撮影
  • イラク北部スレイマニア県で13日、地震で崩壊した建物のそばを通る人々=ロイター
  • 「米国に死を!」と叫びながら、反米デモに参加する学生ら=4日、テヘラン市内、杉崎慎弥撮影
  •   

WEBRONZA・WEB新書掲載の杉崎慎弥のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ