メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

高久潤(国際報道部)

twitter icon

朝日新聞文化くらし報道部記者。グローバル市場と国家の相克を追った企画「カオスの深淵」や「ビリオメディア」などを担当。「消費社会と文化の関係」に関心があります。現在の担当は論壇。美しいバレリーナとモデルをみてると幸せを感じます。

高久潤 最新のツイート

写真から高久潤のニュースを見る

  • 3月の公演「真夏の夜の夢」では、あでやかなピンクのドレスを身にまとい、寒さが残るパリに夏の風を呼び込んだ=パリ・オペラ座(オペラ・バスティーユ)
  • イラスト・山本美雪
  • 接客を学ぶベトナム人留学生(右)。コンビニのレジでも外国人の姿をよくみるようになった=東京都新宿区
  • 接客を学ぶベトナム人留学生(右)。コンビニのレジでも外国人の姿をよくみるようになった=東京都新宿区
  • 白石麻衣さんの写真集「パスポート」
  • パスポート
  • イラスト・岩見梨絵
  • 超党派の改憲派集会で1日、ともに改憲の必要性を訴えた中曽根康弘元首相(左)と安倍晋三首相
  • 「セルジュの言葉にはまだ力がある」と語るジェーン・バーキン=パリ、高久潤撮影
  • ポピュリズムとは
  • ポピュリズム<グラフィック・永井芳>
  • 3月20日にパリ郊外で開かれたテレビ討論会の前の様子。右翼・国民戦線(FN)の大統領選選挙ディレクターら幹部の前に党首のマリーヌ・ルペン氏が立った=AFP時事
  • 日本ペンクラブの集会で語った発言者ら=東京都文京区
  • 演説に歓声をあげるミリアム・ウプランフォカール(左)。「マリーヌ・ルペンはほかの政治家とは違う」という=3月26日、仏北部リール、青田秀樹撮影
  • 明るめの色のコートを着て階段を下りていくプルースト(右の男性)。動画では36秒ごろに登場する=仏国立映画センター提供の映像から
  • 作家マルセル・プルースト
  • 「未来よ こんにちは」
  • 会場の白い壁面に満開の桜が映えるように、照明が当てられた=27日、パリ、高久潤撮影
  • パリで23日、テレビ番組に出演した野党・共和党の候補、フィヨン氏=AFP時事

WEBRONZA・WEB新書掲載の高久潤のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ