asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
ニュース特集 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
ニュース特集一覧   
     
 home > ニュース特集 > 新潟県中越地震  
【新潟県中越地震】
 
夕刻のだんらん襲った地震 倒壊の家屋から犠牲者

 小学生3人は、山間部の集落から6キロ離れた学校に通う仲間だった。高齢の母親に、長男は寄り添うように倒れていた。新潟県中越地震は、夕刻の家族のだんらんを押しつぶすように襲い、一夜明けた24日、小千谷市や長岡市などで、崩れ落ちた家屋の下から犠牲者が見つかった。道路崩落で約2千人が孤立した山古志村では、自衛隊のヘリコプターで住民の脱出が始まった。食料などの物資がなかなか届かない中で、被災者は「寒くて、怖くて、眠れない」と、冷え込んだ避難所で身を寄せ合って過ごした。

 ■入浴中の小6犠牲に

 小千谷市塩谷の星野トキさん(72)は、地震が起きた時、台所にいた。1回目の揺れで、窓がビリビリと割れ、部屋は真っ暗になった。

 「どこいる?」「けがしてない?」。家族同士で声を掛け合った。孫の東山小学校6年、和美さん(11)は入浴中だった。「早くおいで。下着もちゃんと身につけるんだよ」。トキさんの呼びかけに和美さんは「今出るよ」と元気に答えた。

 直後、2度目の揺れ。2階から何かが落ちてきた。トキさんは声だけを頼りに、外に出た。和美さんの声は、もう聞こえなかった。

 近所の人が家に残された孫娘3人の救出にあたった。2階にいた2人は、はしごをかけて助けた。倒れた柱をチェーンソーで切りながらがれきを必死に捜した。

 和美さんは脱衣場で、梁(はり)の下敷きになっていた。

 「おしゃまでかわいい子でした。余計なことを言わなければよかった」。和美さんは下着を身につけていた。トキさんは、自分を責めた。

 塩谷地区は四方を山に囲まれた谷間に、51世帯195人が暮らしていた。星野姓が多く、普段は屋号で呼び合う。家の下敷きになって亡くなったのは和美さんのほか、5年生、星野有希君(11)と6年生、星野一輝君(12)。過疎、高齢化が進むこの地の宝だった。

 地区にあった塩谷小学校は4年前、3小学校が統合して閉校した。3人はスクールバスで毎日、6キロ山を下りた東山小学校に通った。その小学校も、5年生が11人、6年生が16人の小所帯だった。

 一輝君は妹の真樹さん(10)と母親のまり子さんとともに、1階のこたつでテレビを見ていた。

 2階建ての家が、押しつぶされた。1階の自室にいた祖父の武次郎さんは、割れた窓から逃げ出した。真樹さんも近所の人が助け出した。

 一輝君は、太い梁の下敷きになった。近所の会社員、星野賢吉さん(56)らが数人でノコギリやジャッキを使って助け出した。隣の家の屋根付きの駐車場で、みんなで夜通し、心臓マッサージをした。でも、笑顔を再び見せることはなかった。

 一輝君と同級生の友野正貴君(12)、友野佑樹君(12)は「中学校に入ったら野球部に入ろうと約束していた。毎日、空き地でキャッチボールをしていた」と話した。有希君はテレビやゲーム遊びが大好きだった。同級生の星野大樹君(11)は「いつも一緒にゲームで遊んでいました」。

 佑樹君の家も、正貴君の家も、2階が崩れ落ちた。

 佑樹君と正貴君は午後10時ごろ、避難場所に集まった大人の会話を遠巻きに聞いて、友だちの死を知った。正貴君らは「自分も死ぬかと思って怖かった。6年生は16人しかいなかったのに、2人もいなくなっちゃった」と肩を落とした。

 ■夕刻の食卓、一瞬の明暗

 木造2階建て住宅が倒壊して家族のうち6人が閉じこめられた小千谷市両新田の佐々木耕一さん(51)方では、24日早朝まで消防隊員や消防団員ら約25人が懸命の捜索を続けた。午前4時半ごろ、がれき下から母親のハナさん(77)が遺体で見つかった。5人は救出されたり自力で脱出したりしたという。

 救助活動をした消防隊員らによると、1階が2階に押しつぶされた。ハナさんは1階の座敷でひざをつき、うずくまった状態で見つかった。背中から左足を、梁が覆っていた。救助工作車2台がライトを照らし、重機と手作業でがれきを取り除いた。

 耕一さんによると、祖父母と夫婦、2男2女の8人家族で、地震発生時は6人が1階の食卓にいた。

 次男を除く6人が一時、閉じこめられ、耕一さんと父親の与一さん(74)は、約15分後にそれぞれ自力で脱出した。「いるかー」と、がれきに向かって大声で呼びかけると、子ども3人から「ここにいる。早く助けて」と返事があった。

 与一さんはハナさんの遺体を確認すると、その場に崩れ落ちた。耕一さんは「今日もいつも通り、とりとめのない話をしていた。最高のお母さんでした……」と絞り出すように言った。

 ■「助けて」泣き声何度も

 扉に「くまのプーさん」のバスタオルがかかり、「入るときはノックして」の文字に、女の子のイラストが添えられていた。小学校6年生、古田島千秋さん(12)の2階の部屋は、押しつぶされた1階の上でひしゃげていた。川口町中山のこの家で、千秋さんは、祖父の古田島定夫さん(64)とともに亡くなった。

 千秋さんの祖母は、逃げ出して無事だった。近所の女性(79)によると、祖母は倒壊した家の中から「助けて」という千秋さんの泣き声を何度か聞いた。「千秋が、千秋が」と一晩中、泣きじゃくっていたという。「こんなにむごいことが……」。女性は沈んだ表情で話した。

 千秋さんの部屋の壁には、男性アイドルのブロマイドがいくつも飾ってあった。窓の外で、にっこり笑顔のてるてる坊主が風に揺れていた。

 現場は川に向かう急斜面の中腹。ところどころに民家や畑が点在している集落の中にある。

 ■親子、寄り添うように

 夜明けの捜索開始から6時間以上が過ぎ、川上ノリさん(75)と金沢市から帰省中の長男の五郎さん(42)が土砂崩れで倒壊した住宅の下から相次いで見つかった。24日午前11時10分、長岡市濁沢町。2人は大きな柱の下敷きになり、寄り添うように倒れていた。救出活動に当たった消防署員は、そう話した。

 川上さんの自宅をはじめ、近くの民家は県道沿いに軒を連ねている。すぐ後ろは山の斜面。県道の約3メートル下には太田川が流れる。

 捜索を見守っていた近くの男性(70)は「五郎さんは母親の足腰が悪くなってから、週に2回は自宅に帰るようになった。母親思いの息子さんだった」と話した。

(04/10/25)


 関連情報  


 PR情報

 これまでの記事一覧

  • 夕刻のだんらん襲った地震 倒壊の家屋から犠牲者(04/10/25)
  • 小千谷など新潟中越地方で早朝震度5強の余震(04/10/25)
  • 地滑り多発、被害拡大 長雨で地盤弱体化と専門家指摘(04/10/25)
  • NHKデータ放送の安否情報、情報大量で処理おいつかず(04/10/25)
  • 関越道で229人が一昼夜足止め インター封鎖で(04/10/25)
  • 死者23人、2200人以上負傷 新潟県中越地震(04/10/25)
  • 新幹線脱線、安全性に死角 P・S波同時で検知できず(04/10/25)
  • 地震で新潟・小千谷が24センチ隆起 国土地理院(04/10/24)
  • 地震、台風災害復旧で補正予算案編成へ 政府(04/10/24)
  • 小千谷市で参考震度「7」を観測 防災科学技術研(04/10/24)
  • 「命あるだけ幸い」孤立の村をヘリで脱出 新潟・山古志(04/10/24)
  • 生活・交通・救援情報一覧 新潟県中越地震(04/10/24)
  • 足りぬ救援物資、余震の恐怖 地震被災地2日目の夜(04/10/24)
  • 新潟県中越地震、海外メディアも報道 現地ルポも(04/10/24)
  • 原因の断層、調査委「特定できず」 新潟県中越地震(04/10/24)
  • 両陛下が埼玉から帰京 宿舎で震度4の揺れも(04/10/24)
  • 羽田―新潟間、JALとANAが臨時便(04/10/24)
  • 首相「地震被害を受けた方が多いから対策をしっかりと」(04/10/24)
  • 新潟・小千谷市で、また震度5強 中越震源M4.9(04/10/24)
  • 生活・交通・救援情報一覧 新潟県中越地震(04/10/24)
  • 新幹線脱線「200キロ走行中に強い揺れ」 運転士証言(04/10/24)
  • 冷え込む夜「毛布を、温かい食べ物を」 地震被災地ルポ(04/10/24)
  • 中越地方中心に15万8千戸が停電 東北電力(04/10/24)
  • 道路寸断、孤立の山古志村 崩れる山、原形とどめぬ家屋(04/10/24)
  • 政府が非常災害対策本部を設置 新潟県中越地震(04/10/24)
  • 続く揺れ、眠れぬ不安な夜 大地震、瞬間の記憶生々しく(04/10/24)
  • 「2004年新潟県中越地震」と命名 気象庁(04/10/24)
  • 校庭に住民300人避難、たき火で暖とる 被災の新潟(04/10/24)
  • 上越新幹線、東京―越後湯沢間折り返しに 一部運転再開(04/10/24)
  • 新潟で震度6強3回、13人死亡3人不明 新幹線が脱線(04/10/24)
  • 新潟・中越でM7級、176年ぶり 地表に現れぬ断層か(04/10/24)
  • 固定・携帯電話、各社が通信規制 設備不具合や停波も(04/10/24)
  • TVやネット、地震被害・住民安否情報を速報(04/10/24)
  • 小泉首相、映画祭で連絡受ける 作品鑑賞は中止(04/10/24)
  • 政府が官邸対策室、村田防災相ら調査団派遣へ(04/10/24)
  • 関越道、数十センチの段差 十数台が身動きとれず(04/10/24)
  • 新潟県内の3分の1で停電、ガス管も寸断(04/10/24)
  • 阪神と同じ「逆断層型」 気象庁は大規模余震を警戒(04/10/23)




  •  おすすめ最新情報 一覧>> 
  • 14日にリニューアル
       アサヒ・コムから
  • フリーソフト活用術
       beてくの生活入門
  • 棋力がわかる将棋塾
       10週挑戦でプレゼント!!
  • ベルリン展4月開幕
       前売り券発売中
  • どらく DO楽

    誰とでも仲良くできます♪
    スコティッシュフォールドってどんな猫?ペットのお悩みご解決!
    お父さんのお稽古
    蜷川幸雄さん登場

    特集

    英訳版コミックス特集
    英訳されている日本の「Manga」、「ぎゃぼーっ」を英語に直すと…?
    住まい玄関ドアカーテンのナゾ
    ショッピングお花見ティータイム
    健康医師の処分、ネットで検索
    教育「一家に1枚 宇宙図を!」
    BOOKもっとモテる男になる方法
    囲碁趙十段が2連勝 囲碁十段戦
    クラブA&AダンスPJT始動!大浦みずき
    就職・転職2月の失業率、横ばい
    トラベル愛の旅人、杉田久女
    愛車特別仕様車を探せ!
    デジタル超薄型ステレオスピーカー
    中国特集温首相、来日の日程固まる
    将棋橋本七段、松尾六段が昇級
    文化・芸能カッコイイ!!男のゲーム


    | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission