2005年09月06日10時43分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » asahi.comツールバー: 検索機能がアップ

  

 » 遣唐使展: 東京国立博物館で開催中

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  ニュース特集 > 尼崎・列車脱線事故記事
 < 尼崎・列車脱線事故 >

死者は1両目43人、2両目45人と特定 宝塚線事故

2005年09月06日10時20分

 兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山線)脱線事故で死亡した107人のうち、運転士を含む43人(男性27人、女性16人)が1両目、45人(男性22人、女性23人)が2両目に乗車していたことが、兵庫県警捜査本部(尼崎東署)の調べで分かった。3両目でも女性の乗客1人が死亡していたことが初めて確認された。残る18人(男性10人、女性8人)については不明で、引き続き解明を目指す。また、9月1日現在で負傷者のうち14人(男性3人、女性11人)が入院しており、うち女性1人が重体だという。

 捜査本部は、多数の死傷者が出た要因を解明するとともに、「どのような状況で死亡したのか知りたい」という遺族らへの要望に応えるため、事故当時の乗車状況の再現を進めている。

 9月1日までに、負傷した乗客約550人のうち、519人から事故当時の状況を聴取。事故を目撃した付近住民からの聴取もほぼ終えた。搬出状況や遺品の場所、助かった乗客の証言などから、死亡した107人のうち89人の乗車車両が特定できたという。


ここから広告です

PR情報

広告終わり

関連情報

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり ここから広告です
広告終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり

注目トピックス

ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.