現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > マンション耐震強度偽装 > 記事 ここから本文エリア

二つの構造計算法、国交省が違い検証へ 耐震偽装問題

2006年03月09日19時58分

 耐震強度偽装事件にからみ、いったん「強度不足」とされた東京都新宿区のマンションが別の計算方法で計算したところ、今度は「安全」と判定された問題で、国土交通省は異なる判定の原因となった二つの計算法の「許容応力度等計算」と「限界耐力計算」の違いについて改めて検証する。佐藤信秋事務次官が9日の定例会見で明らかにした。

 検証は独立行政法人建築研究所(茨城県つくば市)に依頼。いくつかの建物について、形や地盤の強さにより、二つの計算法で算出した耐震強度にどのような違いが出るか特性を分析する。

 許容応力度等計算は従来の計算法で、限界耐力計算は建築基準法改正で00年から使うことができるようになった。この時も旧建設省が検証しているが、今回の問題を受けて改めて調べる。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.