現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > マンション耐震強度偽装 > 記事 ここから本文エリア

東京のマンション耐震偽装 姉歯元建築士が構造計算

2006年03月29日19時33分

 耐震強度偽装事件をめぐり、東京都大田区は29日、姉歯秀次元建築士が構造計算を行った区内の分譲マンション(9階建て、32世帯)の耐震強度が基準の1を下回る0.59だったことが新たにわかったと発表した。姉歯元建築士が関与した偽装物件は全国で98件目となる。

 建築主は区内の不動産業者で、建築確認は日本ERIが行い、03年に完成した。区は「建築主が銀行の融資が受けられなくなるなど再建計画に影響が出る恐れがある」として業者名や建物名を公表していない。

 再計算の結果、27日に強度が確定し、区が居住者に報告した。不動産業者は建て替える方針で、買い取り額などについて居住者と協議中という。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.