現在位置:asahi.com>ニュース特集>耐震強度偽装> 記事

GS溝の口跡地で起工式 耐震偽装、建て替え支援で初

2006年12月20日13時00分

 耐震強度が不足し、独自の再建案をまとめた川崎市高津区の分譲マンション「グランドステージ(GS)溝の口」の跡地で20日、新マンションの起工式があった。国の建て替え支援対象になった11棟の中で、起工式は初めて。来年12月の完成を目指している。

写真グランドステージ溝の口の跡地で行われた新マンションの起工式=川崎市高津区で

 この日は川崎市からマンションの使用禁止命令が出されてちょうど1年。式は午前10時半から、敷地内に立てられたテントの中で始まった。住民や工事関係者ら35人が出席してくわ入れなどをし、約1年に及ぶ工事の安全などを祈願した。

 新マンションにはGS溝の口と同じ24世帯が入居する予定で、名称は「グランシャリオ溝の口」に決まったという。

 住民たちは記者会見を開き、旧グランドステージ溝の口管理組合の牧田健理事長(39)は「今日は新マンションの門出。新しいスタートにやっと立てた」と語った。

PR情報

このページのトップに戻る