現在位置:asahi.com>ニュース特集>耐震強度偽装> 記事

アパホテルで耐震偽装 京都の2棟、使用禁止に

2007年01月25日13時04分

 国土交通省は25日、分譲マンションやホテルを展開する「アパグループ」の京都市内のホテル2棟で耐震強度不足が見つかったと発表した。京都市は2棟とも強度偽装があったとみている。同市によると、構造設計を担当した建築士は、うち1棟について構造計算書の改ざんを認めたとしているが、建築士は朝日新聞の取材に強度偽装を否定した。耐震強度は基準の1に対し0.71と0.79で、いずれも改修工事が必要。京都市は、2棟の使用禁止を勧告した。国交省はこの建築士の関与した建物168件の調査を15都道府県の関係自治体に求めるとともに、免許取り消しも含めた建築士の処分を検討する。

写真耐震強度不足が判明したアパホテル京都駅堀川通
写真耐震強度不足が判明したアパヴィラホテル京都駅前=いずれも本社ヘリから

 同省によると、強度不足があったのは、京都市にある「アパヴィラホテル京都駅前」(10階建て)と「アパホテル京都駅堀川通」(地上11階、地下1階建て)。耐震強度は「京都駅前」が0.71、「堀川通」が0.79。いずれも田村水落設計(富山市)の水落光男・1級建築士が構造設計をし、03年8月に民間検査会社の京都確認検査機構が建築確認をした。

 昨年6月に水落建築士が担当した埼玉、千葉県のマンションで構造計算書の差し替えが判明したことから、同省が関係自治体に関与した42物件のサンプル調査を求めたところ、京都市のホテル2棟で耐震強度不足が判明したという。

 同市の調べによると、「京都駅前」の構造計算書には意図的に改ざんした個所があり、「堀川通」の構造計算書には設計図との不整合があったとされる。同市が水落建築士から聞き取りをしたところ、「京都駅前」での偽装を認めたという。

 水落建築士は、社団法人日本建築構造技術者協会(東京)が「建築構造士」と認定する構造設計の専門家。朝日新聞の取材に、水落建築士は、「京都駅前」についてパソコン上の構造計算では強度が足りなかったが、手計算では許容範囲だったので、修正して構造計算書を提出し、「堀川通」についてはパソコンで解析できなかったため修正したと説明。「『偽装』がどういうことを言うのかわからないが、強度が足りないことはない」と話している。

PR情報

このページのトップに戻る