現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 集中豪雨 > 記事 ここから本文エリア

原宿―渋谷間で線路陥没 JR埼京線が一時ストップ

2006年07月18日12時38分

 18日午前10時8分ごろ、東京都渋谷区渋谷1丁目の原宿―渋谷駅間のJR埼京線で、線路脇の敷石がくぼんでいるのをJR東日本の協力会社の社員が発見し、電車に停止を求める発煙筒をたいた。埼京線と直通運転をしている湘南新宿ラインが新宿―大崎駅間で運転を見合わせた。

写真

線路脇が陥没した現場=18日午前11時25分、東京都渋谷区で

 午後0時20分に徐行で運転を再開したが、17本が運休、27本が132〜2分遅れ、約4万人に影響した。

 JR東日本によると、現場は渋谷駅の北側約400メートル。レールから約30センチ離れたところで敷石が幅1メートル、長さ1メートル、深さ1.5メートルにわたってくぼんでいた。

 現場は線路が周囲より約5メートル高い盛り土区間。JR東日本は昨年7月から、隣接地に変電所をつくるための基礎工事を進めていた。18日朝は盛り土を掘削する作業をしていた。削った部分は崩れないように固めているが、雨で地盤がゆるんでおり、固定していない部分から土が流出した疑いがあるという。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.