現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 偽装請負 > 記事 ここから本文エリア

受給後、請負に変更 派遣採用への補助金 松下系工場

2006年08月02日08時24分

 松下電器産業のプラズマテレビを製造する「松下プラズマディスプレイ(MPDP)」が今年3月末、尼崎工場(兵庫県尼崎市)で県内在住の派遣労働者を新規採用したとして、県の雇用補助金2億円以上を受け取った後まもなく、補助対象外の請負への切り替えを進めていることが分かった。申請前から請負への変更計画を作成しており、今月中にすべて切り替えるという。クビが切りやすい請負労働者の活用を念頭におきながら、多額の雇用補助金を受け取っていた格好だ。

 兵庫県は、県内在住の正社員や派遣労働者らを新たに採用した進出企業に対し、1人あたり60万〜120万円を交付する雇用助成制度を02年度に導入した。直接雇用ではない派遣まで対象にする制度は全国的にも珍しい。請負は対象外になっている。

 尼崎工場は昨年9月、正社員250人、派遣労働者900〜1000人の体制で生産を開始し、今年2月に補助を申請した。兵庫県は「正社員6人」と「派遣労働者236人」の計242人を県内在住と認め、3月末に2億4540万円を交付した。

 生産を開始した時点で、松下プラズマディスプレイは、尼崎工場の派遣を1年以内にすべて請負に切り替える計画を作り、派遣元に伝えていた。派遣労働者を1年以上使えば直接雇用を申し込むことが法律で義務づけられているからとみられる。計画通り、今年7月末までに3分の1を請負に切り替えた。

 厚生労働省は製造業で広がる「偽装請負」を派遣に切り替えるよう指導している。松下プラズマディスプレイも昨年7月、茨木工場で偽装請負の是正指導を受け、同年9月に生産開始した尼崎工場は、請負ではなく、派遣を採用した。県はこの経緯を把握しつつ、2億円超の雇用補助金交付に踏み切った。

 松下プラズマディスプレイが、補助金の受給後に派遣を打ち切って請負に変更することで、県の雇用助成策の対象者は、数カ月でほとんどいなくなることになる。

 兵庫県は「申請時での状況を審査した結果、補助要件を満たしており、補助金支出は適切だ。何ら問題はない」としている。

 一方、松下プラズマディスプレイの親会社、松下電器産業は「県からは、請負も派遣も補助対象と指導されていた」とし、県の制度説明に不十分な点があったとの認識を示している。

 三重県がシャープの液晶テレビをつくる亀山工場誘致のため90億円の補助金交付を決めたことを皮切りに、自治体間の企業誘致競争は激化した。兵庫県も松下誘致に力を入れ、設備投資や雇用に対して交付する補助総額は、最終的に90億円にのぼる見通しだ。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.