現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 偽装請負 > 記事 ここから本文エリア

不正求人500件、派遣・請負業者 東京都内

2006年08月17日23時27分

 東京都内の人材派遣業者や請負業者がハローワークに求人申し込みを行う際、派遣先や発注元の企業を偽っていたケースが、今年3月以降分だけで500件以上あったことがわかった。東京労働局は17日、派遣・請負業者に対し、求人申し込みの際は派遣先や発注元との契約書を提示するよう求める通知を出した。求人段階で契約内容を把握することで、相次ぐ「偽装請負」を防ぐ効果も期待できるとしている。

 都内のハローワークでは今年に入り、「実際の派遣先が求人票に記された企業と違った」などの苦情が目立っていた。東京労働局が3月から特別調査を実施したところ、大半のハローワークで派遣先や発注元を偽る求人票が見つかった。

 特に都内に本社があり複数のハローワークに大量求人をしていた業者6社で、今年3月から8月にかけて計500件以上の不正求人をしていたことが分かった。内訳は、仕事を請け負っていない建設現場などを勤め先として示した(約400件)、派遣契約を結んでいない企業を派遣先と偽った(約100件)など。

 背景には、景気の回復による人手不足で、派遣・請負業者間の人材獲得競争が激化していることがある。先に求職者を確保してから、派遣先や発注元の企業への営業活動をする業者もあった。

 メーカーが派遣業者からの労働者の受け入れを「請負」と偽るケースが全国で発覚しており、東京労働局は「事前チェックを強化すれば、偽装請負の歯止めにもなる」としている。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.