現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > タイクーデター > 記事 ここから本文エリア

学校、銀行など再開 タイの市民生活ほぼ元通りに

2006年09月21日14時32分

 タイ軍のクーデター発生から2度目の夜が明けた21日朝、同国内では朝から役所などの公共機関や銀行、学校などが再開し、市民生活はほぼ平常に戻った。

 軍は同日から、日中に限って首相府周辺の戦車や装甲車を幹線道路からどかし、通行を解除。街はおなじみの交通渋滞が復活した。戦車や装甲車を目立たない場所に移動させるなど、緊張感も和らいでいる。

 バンコク中心部にある中学校では、子供たちが次々に登校。3年の女子生徒は「クーデターにはびっくりしたけど、街頭デモの方が怖かった」。

 バンコクの首都圏配電公社もこの日朝から業務を再開し、職員らが次々に通勤してきた。男性職員(31)は「クーデターに賛成はできないけど、他に方法もなかった」と話した。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.