現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > タイクーデター > 記事 ここから本文エリア

タイ国軍、タクシン派を一掃

2006年09月29日23時27分

 タイの「民主改革評議会」は29日、10月1日付の国軍の人事異動を発表した。クーデターで追われたタクシン前首相派の軍人が主要ポストから一掃され、影響力が完全に排除された形だ。

写真

クーデター指導者は29日、国軍内の人事異動を発表、タクシン支持派を一掃した。写真は今年3月のタクシン支持派の街頭デモの様子=バンコクで、AP

写真

今年6月、国王を祝福する式典で緊張した表情を見せる若い士官=タイのバンコクで、AP

 前首相は、予備士官学校時代の同級生を軍の主要ポストに据え、軍への影響力拡大を図ってきたが、今回の異動で大半が実動部隊のない部署に移された。

 クーデターの背景には、主導したソンティ陸軍司令官ら主流派と、前首相をバックにした新興勢力の争いもあったとみられている。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.