現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > タイクーデター > 記事 ここから本文エリア

タイ前首相、帰国を打診 現政権は当面認めない方針

2006年10月15日19時29分

 タイのスラユット首相は14日夜、クーデターで追われたタクシン前首相が滞在中の英国から首相に電話し、帰国の可否を打診してきたことを明らかにした。タクシン氏は地方を中心に今も一定の支持を保っており、影響力を警戒する現政権は、当面は帰国を認めない方針だ。

 首相はタクシン氏からの打診に対し、「タイ人として帰国する権利はあるが、問題はタイミングだ」と答えたとしたうえで、「時期については各方面との協議が必要だ」と述べた。

 また、クーデターを主導した軍人らで組織する国家安全保障評議会のメンバーは15日、帰国を許す時期について「国内が安定し、戒厳令が解かれた後に再検討することになる」と話した。

 帰国の打診について外交筋は「現政権を揺さぶるとともに、支持者の反応を見極めたいという意図があるのでは」と分析している。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.