現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > タイクーデター > 記事 ここから本文エリア

アロヨ大統領、タイ首相に「事態正常化を」

2006年10月23日20時17分

 フィリピンのアロヨ大統領は23日、同国を訪れたタイのスラユット首相とマニラで会談した。アロヨ大統領は、クーデター後に発足した暫定政権に一定の支持を示す一方で、タイ国内の政治をできるだけ早く正常化することを求めたとみられる。

 スラユット氏はラオス、カンボジア、マレーシア、インドネシアに続きフィリピンを訪問。近隣諸国に、政権への理解を呼びかけてきた。

 フィリピンは東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国。スラユット氏はアロヨ氏の協力をとりつけ、12月に同国で開かれるASEAN首脳会議や東アジアサミットの場で、暫定政権の方針に対する国際的な認知を得たい考えとみられる。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.