現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 安倍内閣 > 記事 ここから本文エリア

「内政面で指導力を」と、公明党の太田代表が首相に注文

2006年12月13日23時36分

 安倍首相、内政面でリーダーシップを発揮して――。公明党の太田代表が13日の記者会見で「めざすべき官邸主導という形には至ってない。もう少し国民生活を凝視してほしい」と注文を付けた。連立政権の一角として、内閣支持率が下げ止まらないことへの心配も背景にあるようだ。

 太田氏は「アジア外交を改善しようという意思は見られる」と評価しつつも、「財政や格差も大変な状況だ、ということについて、明確な意思というものをもう少し示した方がいい」と苦言を呈した。

 支持率低下については「率直に言って復党問題が響いていると思っている」と指摘した。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.