現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 安倍内閣 > 記事 ここから本文エリア

麻生氏、早くも「ポスト安倍」に意欲

2007年01月08日18時47分

 麻生外相は8日、福岡県飯塚市で開いた後援会の会合で、次期自民党総裁選について「いつあるか分からないが、捲土(けんど)重来を期し、それまでに備えておかねばならぬと決意を新たにしている」と語った。閣僚らの不祥事が続いて安倍政権の基盤が揺らぐ中、早くも「ポスト安倍」に意欲を示した格好だ。

 麻生氏は、昨年12月に立ち上げた麻生派(15人)について「小さいながらまずはスタートさせてもらわねばならぬと思った」と述べ、派閥を足場に党内の支持拡大をめざす考えも示した。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.