現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 安倍内閣 > 記事 ここから本文エリア

法相、共謀罪「意欲」発言を修正

2007年01月23日15時31分

 長勢法相は23日の閣議後の会見で、共謀罪を創設する法案の今国会での成立を目指すかについて「こだわるとかこだわらないという段階ではない。円滑に早期に成立させたい」として明言を避けた。安倍首相からの「通常国会で成立させるように」との指示を自ら明かし、今国会での成立に向けた意欲を見せた19日の発言を事実上修正した。

 長勢法相は、安倍首相の発言後、与党国会対策幹部などから消極的な発言が相次いだことについて「今国会は会期も十分でなく、時間的な制約もある。円滑な国会運営をしなきゃならん責任もあるので当然なこと」「今後どういう推移になるか見極めなきゃならんというのは国対の先生方もおっしゃっているとおりだ」と話した。

 安倍首相は同法案の扱いについて22日夕、「国会での法案の優先順位、審議の状況などもあるだろう。それは国会において判断をすることになると思う」と、与党の判断にゆだねる考えを表明。

中川秀直自民党幹事長も23日午前の記者会見で、「国会の場で扱いを決めていくべきではないか」と語った。

 与党側は「統一地方選や参院選の前に、野党が騒ぐような法律を無理して通す必要はない」(国対幹部)との認識で一致しており、25日からの通常国会で成立させようとの機運はない。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.