現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 安倍内閣 > 記事 ここから本文エリア

教育改革3法案、全ての成立こだわらず 下村副長官

2007年01月28日19時38分

 下村博文官房副長官は28日のフジテレビの番組で、安倍首相が今国会への提出を表明した教員免許法、地方教育行政法、学校教育法を改正する3法案について「成立してもらいたいと思うが、柔軟に考えてもいいのではないか」と述べ、3法案すべての成立にはこだわらない考えを示した。

 首相は3法案の成立を目指す考えを示しているが、今国会は統一地方選や参院選を控えて日程に余裕がなく、会期内成立は困難との見方もある。首相側近の下村氏が公に成立先送りを容認する発言をするのは異例だが、3法案が成立しない場合に政権の責任論が出ることへの予防線を張る狙いもあるとみられる。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.