現在位置:asahi.com>ニュース特集>年末年始特集>季節のニュース> 記事

年末年始特集

どげんかせんといかん・ハニカミ王子 新語・流行語大賞

2007年12月03日

 今年の世相を映し、話題になった言葉を選ぶ「2007ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が3日、発表された。大賞には、宮崎県の東国原英夫知事の「(宮崎を)どげんかせんといかん」と高校生ゴルファー石川遼さんの愛称「ハニカミ王子」の2語が選ばれた。

写真

大賞を受賞した(右から)石川遼さんと東国原英夫・宮崎県知事。その隣は舛添厚労相と小島よしおさん=3日午後、東京都内で

 東京都内で開かれた表彰式に出席した東国原知事は、「今の世相、日本社会の格差を如実に表している。方言が選ばれたことは地方からの魂の叫び、悲鳴の訴えになるのではないか」と語った。また、石川さんは「これまでゴルフに一生懸命取り組んできてよかった。それを世間の方々が認めてくださったのだとうれしく思います」と話した。

 また、大賞以外のトップテンには「大食い」「消えた年金」「食品偽装」「そんなの関係ねぇ!」「鈍感力」「どんだけぇ〜」「ネットカフェ難民」「猛暑日」が選ばれた。

PR情報

このページのトップに戻る