現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 不二家問題 > 記事 ここから本文エリア

不二家、社内基準より消費期限ずらして13万個を出荷

2007年01月23日22時02分

 農林水産省は23日、大手菓子メーカー不二家(東京)が消費期限を社内基準より1〜2日ずらして表示していたプリンとシュークリームが05〜06年に計13万3630個出荷されていたと発表した。

 社内基準を守らず消費期限を表示することが常態化していたため、同省は同日午後、桜井康文社長を呼び、厳重注意。キャンデーやチョコレートを含む全商品の表示の総点検と、再発防止策の実施を指導した。

 期限切れ原料使用の発覚で同省は18日、同社本社や埼玉工場(埼玉県新座市)、泉佐野工場(大阪府泉佐野市)に立ち入り検査。食品の品質表示を定める日本農林規格(JAS)法に違反した事例がないか調べた。その結果、プリンでは泉佐野工場が05年10月27日〜06年12月25日に製造した9万9970個が社内基準を1〜2日超えて表示されていたことを確認。シュークリームでは同工場が05年7月10〜11日に製造した1万9060個、埼玉工場が06年10月21〜23日に製造した1万4600個が、それぞれ基準を1日超えて表示されていた。

 プリンとシュークリームの社内基準は、ともに品質試験に基づいた消費期限より2日短く設定されていたためJAS法に違反していない。異例の厳重注意を受けた桜井社長は「企業が定めたルールをきちっと守ることが食品製造に携わる者の基本だ。厳粛に受け止めている」と述べた。

 農水省が調査するのは表示が適切だったかどうかだけで、安全性については各自治体の保健所が調査することになっている。

PR情報


この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.