現在位置:asahi.com>ニュース特集>能登地震> 記事

揺れの加速度、945ガルを記録 能登半島沖地震

2007年03月25日22時40分

 防災科学技術研究所は25日、能登半島の地震の揺れが最大で945ガル(ガルは加速度の単位)を記録したと発表した。95年1月の阪神大震災では、当時の観測態勢で、818ガルを神戸海洋気象台で観測していた。

 これまでの主な地震では、04年10月にあった新潟県中越地震の余震の際に同県川口町で2515ガルを記録したほか、03年7月の宮城県北部地震では2037ガルを記録している。

PR情報

このページのトップに戻る