現在位置:asahi.com>ニュース特集>長崎市長銃撃> 記事

長崎市長射殺「深くお悔やみを」 国連事務総長が声明

2007年04月19日01時17分

 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は18日、長崎の伊藤一長市長の殺害について「ショックを受け、遺憾に思う」との声明を発表した。声明では、伊藤市長を「平和な世界の唱道者で、核兵器の廃絶を求める平和市長会議のキャンペーンのリーダーでもあった」とたたえ、「彼の家族と長崎市民、日本国民に深くお悔やみを申し上げたい」と述べた。

PR情報

このページのトップに戻る