現在位置:asahi.com>ニュース特集>愛知立てこもり> 記事

FM局に電話、動機話す「復縁拒否された」 立てこもり

2007年05月19日13時32分

 大林久人容疑者(50)が逮捕前の18日、東海地方が放送範囲のFMラジオ局「ZIP―FM」(名古屋市中区)に電話をかけていたことがわかった。同局が明らかにした。同容疑者が指名したDJが折り返し電話したところ、動機について「家庭内の不和が原因だ」とする内容を数十分にわたり説明したという。その会話のすきをついて、元妻の森三智子さん(50)が自力で脱出したらしい。

 同局によると、同日午前10時半すぎ、代表電話に同容疑者から電話があり、「僕は事件の当事者の大林といいます。DJと電話で話をしたい」と要求。「事件の動機を話したい」などと説明したという。電話を受けた同局社員は「冷静で落ち着いた口ぶりだったので、むしろ驚いた」と話す。

 同局が同容疑者から自宅電話番号を聞いた上で、同日午後2時10分すぎ、指名された地元で人気DJのジェイムス・ヘイブンスさん(36)が折り返し電話をした。同容疑者は、動機について「(元妻に)復縁を求めて何回か接触したが断られた」などと、30分ほど話したという。

 同容疑者は、以前にもヘイブンスさんのラジオ番組に電話出演したことがあると話しているという。

 電話は、会話の途中で突然途切れ、その後切れたという。同局幹部は「いったん受話器から離れたような間があった」と説明する。その間に、森さんが現場から脱出したらしい。その直後にテレビ画面で、森さんが脱出する様子が放映されたという。

PR情報

このページのトップに戻る