現在位置:asahi.com>ニュース特集>松岡農水相自殺> 記事

松岡農水相のこれまでの主な答弁

2007年05月28日15時19分

 家賃が不要な議員会館に事務所がある資金管理団体が年間2000万〜3000万円の事務所費を計上していた問題について問われて、「架空のものだとか、付け替えというのは一切ございません」(1月9日、パリで記者団に)

 「政治資金規正法にのっとって報告している。説明責任はすでに果たしている」(1月16日、閣議後の記者会見で)

 「水道は『ナントカ還元水』とかいうものを付けている。暖房なりなんなり、別途そういうものも含まれている。必要な範囲で、確認したものがあれば答える」(3月5日、参院予算委員会で)

 「法律の定めに従ってきちんと対処するのが基本。現行法ではそれ(報告)をもって説明に代えると理解している」(5月23日、衆院予算委員会で)

 緑資源機構をめぐる入札談合事件で、同機構理事らの逮捕を受けて「今の事態を重く受け止めているし、私も所管の大臣としての責任は、きわめて痛切に感じている」(5月25日、閣議後の記者会見で)

この記事の関連情報をアサヒ・コム内から検索する

PR情報

このページのトップに戻る