現在位置:asahi.com>ニュース特集>角界暴行問題> 記事

兄弟子供述「金属バットで殴った」 力士急死事件

2007年09月27日17時30分

 新潟市出身で大相撲の序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17)=しこ名・時太山、時津風部屋=が名古屋場所前の6月26日、愛知県犬山市でけいこ中に急死した問題で、斉藤さんの兄弟子が愛知県警の任意の調べに対し、前日の25日に「斉藤さんを金属バットで殴った」と供述していることがわかった。斉藤さんは25日朝、部屋を逃げ出したが、兄弟子らは数人で斉藤さんを部屋に連れ戻して暴行したうえ、斉藤さんの携帯電話をへし折っていたという。

 県警の調べや遺族の話では、斉藤さんは25日午前9時ごろ、犬山市の部屋の宿舎から実家に「やめたい。もうダメだ」と、部屋の「おかみさん」の携帯電話で連絡してきた。自分の携帯は取り上げられていたという。斉藤さんは部屋を逃げ出し、同日正午前ごろ、部屋近くのコンビニエンスストアのそばから「迎えにきて。兄弟子が怖い」と、その後取り戻した自分の携帯電話で今度はかけてきたという。

 電話はいったん切れ、約10分後、兄弟子が「いま本人をつかまえた。これから部屋に連れ戻す」と斉藤さんの携帯電話で両親に知らせてきた。兄弟子らは、その後、斉藤さんの携帯電話を真ん中から二つにへし折ったという。

 25日の夕食では、時津風親方がビール瓶で斉藤さんの額を殴打、さらに、けいこ場の裏手で兄弟子ら数人が斉藤さんを取り囲んで暴行。兄弟子らは、金属バットを使って全身を殴打したことを認めているという。斉藤さんの遺体は、顔や肩など上半身のほか、ふくらはぎなどにもあざがあったという。

PR情報

このページのトップに戻る