現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 角界暴行問題
  5. 記事

相撲協会、外部役員は「議決権なし」 文科省容認せず

2008年7月20日19時27分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 日本相撲協会は20日、愛知県体育館で理事会を開き、外部からの役員を議決権のない監事として招くことを決め、議決権のある理事への起用は見送った。

 昨年の力士暴行死事件を受け、監督官庁の文部科学省から外部理事の起用を求められていた。北の湖理事長(元横綱)は「そう遠くない将来、外部理事もあり得る」と話したが、松浪健四郎・文科副大臣は「改革は一気にやるべきだ。あくまで理事起用を強く求める。小出しで文科省の反応を見ようとするのは容認できない」と否定的見解を示した。

 現在、理事は10人全員が元力士の親方。事件を機に、文科省から運営の閉鎖性を指摘され、協会は5月の理事会で外部からの役員起用を決め、役職や時期などを検討していた。9月中をメドに、協会運営のルールである寄付行為の改正など手続きを整えた後に、具体的な人選などを進める方針だが、今回の理事会決定が文科省に認められる可能性は低いとみられる。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内