現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 角界暴行問題
  5. 記事

弟子に暴力、間垣親方が謝罪「やりすぎた」

2008年5月18日22時28分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 弟子に暴力をふるった間垣親方(元2代目横綱若乃花)が18日会見し、「悪いことをした子を良くしてやろうとしたが、やりすぎた。本人にも謝った。今後は違う指導法をしていかないといけない」と一転して陳謝の姿勢を見せた。序二段力士(19)を竹刀でたたいたことが明らかになった前日は「弟子がいけないことをしたら、けいこでしごくのは当たり前」と話していた。

 同親方は「反省した。おれが現役の頃は毎日、部屋で誰かがやられているのを見たが、今はそれは通用しない。竹刀はもう使いたくない」と言い、北の湖理事長にも「迷惑をかけました」と謝罪。理事長からは「気を付けてください」と言われたという。

 角界で暴力を用いた指導方法の見直し論議が高まる中、相撲協会中枢の理事が起こした暴力問題だが、理事職にはとどまる意向を示した。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内