現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 食品不正
  5. 記事

船場吉兆の使い回し、あわびなど新たに8品目

2008年5月28日20時29分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真会見で廃業を発表した湯木佐知子社長の眼鏡に、涙がたまった=28日午後1時36分、大阪市中央区、新井義顕撮影写真廃業を発表した湯木佐知子社長は、会見中何度も涙をぬぐった=28日午後1時37分、大阪市中央区、新井義顕撮影写真廃業の会見に、大勢の報道陣が詰めかけた=28日午後1時38分、大阪市中央区、溝脇正撮影

 牛肉の産地偽装や料理の使い回しなどで経営が悪化し、再建を断念した高級料亭「船場吉兆」(大阪市中央区)は28日、客に出した使い回しの料理が新たに8品目あったことを明らかにした。使い回し発覚後に実施した従業員へのアンケートで判明したという。船場吉兆は同日午後、大阪市に廃業届を提出し、受理された。

 新たな使い回しについては、大阪市内で同日開かれた記者会見で公表された。女将(おかみ)の湯木佐知子社長(71)や代理人弁護士によると、アンケートは全従業員を対象に無記名方式で実施。その結果、これまで判明していたアユの塩焼きや刺し身の添え物などに加え、「フルーツ寄せゼリー」「たたみいわし」「あわび」など8品目も再利用していた。

 代理人によると、従業員はこれらの料理について「下座の客に出すことが多かったように思う」と話しているという。

 船場吉兆は今年1月に民事再生法適用を大阪地裁に申請し、営業を再開。この時点での債務は約8億円だったが、今月2日に本店や博多店(福岡市)を含む全料亭の使い回しが発覚して客が激減した影響などで、約9億円に増加した。

 代理人によると、大阪地裁は28日、船場吉兆の申し立てを受けて民事再生手続きの廃止を決定し、保全管理命令を出した。今後、同社は保全管理人のもとで破産手続きに移行する。同社はこの日、廃業届とともに大阪市長名の営業許可証も返還した。

 一方、厚生労働省によると、食品衛生法は使い回しを想定しておらず、直接の禁止規定はない。担当者は「健康被害を起こすおそれがない限り、現行法では使い回しを問題視できない」と話す。

 牛肉偽装事件について、正徳前社長や長男の喜久郎前取締役を不正競争防止法違反容疑で書類送検する方針を固めている大阪府警も「明確な法令違反に問うのは難しい」(幹部)と慎重だ。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内