現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 食品不正
  5. 記事

日中首脳、ギョーザ事件早期解決で一致

2008年8月9日1時7分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【北京=金子桂一】北京五輪開会式出席のため訪中した福田首相は8日、中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席、温家宝(ウェン・チアパオ)首相と北京市内で個別に会談した。福田首相は中国製冷凍ギョーザ中毒事件の早期解決を強く促し、中国側は「捜査協力を強化し、一日も早く解決したい」(温首相)と応じた。

 日本側の説明では、福田首相は胡主席に「日本国民の非常に関心が高い問題」としてギョーザ事件を挙げ、「一刻も早く解決することを期待している」と述べた。6月に中国でも中毒が発生していたことに触れ、「我が国の事件との関連性を含め、真相究明のため協力を一層強化したい」と伝えた。「情報開示が極めて重要」とも述べ、捜査に関する情報の公開も求めた。

 胡主席は「ギョーザ問題を中国政府はずっと重視してきた。一日も早い真相解明のため協力するとの(日中の)合意を堅持し、問題を適切に処理していきたい」と応じた。

 福田首相は温首相にも「戦略的互恵関係をさらに進展させるためにも、様々な懸案に目をそらさず取り組んでいきたい」としてギョーザ事件に言及。中国国内での中毒を日本政府が公にしなかったことを「中国側の捜査のために公表を控えてきた」と説明した。温首相は「(中国での)中毒事件は早急に隠さずに日本政府に通報した。日中双方の意思疎通をさらに強化していきたい」と述べた。

 中国北西部の新疆ウイグル自治区で取材中の日本人記者2人が武装警察に拘束、暴行された事件では、福田首相が「非常に遺憾だ」と伝え、温首相が「事件を重視している。日本の記者の安全を確保していきたい」と応じた。

 チベット問題では「国際社会の関心も高い。対話を通じた状況の改善に指導力を発揮してほしい」と求めた福田首相に、温首相が「チベット問題は宗教、文化、民族だけの問題ではない。本質は統一、分裂の問題だ」とした一方、ダライ・ラマ14世側とは「適切な時期に引き続き対話をしていきたい」と語った。

 北朝鮮問題では、福田首相が胡主席との会談で「6者協議と拉致問題を含む日朝関係をともに前進させたい」と強調。核問題についても「早期に確実な検証の枠組みに合意し、検証が開始できるよう中国のリーダーシップに期待している」と述べた。胡主席は「中国政府は日朝関係の改善を支持している。日朝関係の正常化と北朝鮮の核問題が同時に進んでいくことを希望している」と語った。

 福田首相は地球温暖化問題で「(ポスト京都議定書の)13年以降の枠組みでは中国の責任ある形での参加を期待したい」と伝えたが、胡主席は「力の及ぶ範囲で貢献していきたい」と語るにとどめた。

◆温首相「日本人記者暴行事件を重視」

 8日に開かれた福田首相と中国の温家宝首相との会談の主なやりとりは次の通り。

 【四川大地震】

 温氏 四川大地震の際、日本は非常に早い段階で救援隊、医療隊を派遣してくれた。感謝申し上げたい。困ったときの友人こそ真の友人ということわざがある。

 福田氏 同様のことわざは日本にもある。日本には防災の技術がある。そういう経験、技術を提供したい。

 【日中関係】

 福田氏 戦略的互恵関係を進めていくことは、日中両国間だけではなく、地域、世界の安定にも寄与する。今年後半には首脳間の対話が目白押しで、関係をさらに深めていくことが重要だ。

 温氏 日中韓首脳会談が開かれるのであれば、出席したい。世界経済は不確定な状況にあり、日中両国が経済・貿易協力を深めたい。環境、二酸化炭素の削減について、ともに努力すべきだ。

 【ギョーザ事件】

 福田氏 冷凍ギョーザ問題が解決されない状況が続くことは、日中両国の利益にならない。7月初旬、中国で同様の中毒事件が発生したと連絡を受けた。最終決着を速めるべく、ともに努力する必要がある。

 温氏 食の安全にかかわる問題を中国政府は極めて重視している。(中国国内の)中毒事件については早急に、隠さずに日本大使館、日本政府に通報した。今後、双方の合意に基づき、捜査の協力を強化し、一日も早く解決したい。

 【邦人記者暴行事件】

 福田氏 (新疆ウイグル自治区で)邦人記者が巻き込まれる事件があった。非常に遺憾だ。他方、当事者への謝罪を含め、中国関係当局の迅速な対応は評価する。

 温氏 この事件を重視している。日本人記者が中国で取材することを歓迎する。今後とも記者の安全を確保していきたい。

 【東シナ海ガス田】

 福田氏 (東シナ海ガス田の)合意をふまえ、互恵の精神に従い、早期に国際約束締結交渉を進めていくことが何より大事だ。

 温氏 合意は中日戦略的互恵関係の促進にとって新たな発展だ。共通認識を実行に移すためには、国民の理解と支持が不可欠。国際約束締結について、実務レベルで意思疎通を深めていきたい。

◆胡主席「日朝正常化と北朝鮮核問題の同時進行を希望」

 8日開かれた福田首相と中国の胡錦濤国家主席との会談の主なやりとりは次の通り。

 【日中関係】

 福田氏 今秋以降、アジア欧州会議(ASEM)首脳会合、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、日中韓首脳会談など、毎月のように首脳会談がある。11月には日中青少年友好交流年の日本側閉幕式を実施する。その際、四川大地震の被災地の高校生にもぜひ参加してほしい。

 胡氏 この8カ月で福田首相とすでに4回も会見している。頻繁な接触、会談は、両国の友好関係に資するだけでなく、相互信頼の増進に寄与する。こうしたハイレベルの往来の機運を維持することが重要だ。

 【地球温暖化問題】

 福田氏 環境エネルギー問題は日中が直面する共通の挑戦だ。13年以降の(ポスト京都議定書の)枠組みでは、中国の責任ある形での参加を期待し、セクター別アプローチの活用を含め、実効性ある枠組み構築に向け、引き続き緊密に協議したい。

 胡氏 気候変動問題は中国政府として一貫して重視してきた。中国は自国の実情に基づき、CO2の削減を適切に解決していきたい。力の及ぶ範囲で、地球規模の問題に貢献していきたい。

 【ギョーザ事件】

 福田氏 ギョーザ問題の捜査が進展し、一刻も早く解決することを期待している。6月に中国国内で発生した事件と、わが国の事件の関連性を含め、真相究明のために協力を強化したい。日本は情報の開示に強い関心がある。

 胡氏 ギョーザ問題は、中国政府として一貫して重視してきた。訪日した際、捜査協力を加速し、一日も早い真相解明のため協力することで一致した。これからもこの合意を堅持し、この問題を適切に処理したい。

 【北朝鮮問題】

 福田氏 6者協議と拉致問題を含む日朝関係をともに前進させたい。6者協議に関しては、早期に確実な検証の枠組みに合意し、検証が開始できるよう中国の指導力に期待している。日朝関係に関しても中国の働きかけが有効であるから期待したい。

 胡氏 6者協議は前進の好機を迎えている。参加国は同じ方向に歩み寄り、新たな段階に達することを期待している。日朝両国が対話を通じて関係を改善し、問題が解決されることを支持している。日朝の関係正常化と北朝鮮の核問題が同時に進んでいくことを希望している。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内