現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 食品不正
  5. 記事

カドミウム米も焼却処分 農水相「事故米と同様に処理」

2008年10月14日11時9分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 事故米の不正転売問題にからみ、農林水産省は14日、現在、農家から買い上げて工業用に売却している有害重金属のカドミウムを含む米についても売却を中止し、焼却処分していくことを明らかにした。

 石破農水相が14日の閣議後会見で、カドミウム米について「国民の衛生に懸念なしとしないものは、事故米と同様の処理をする」と述べた。

 鉱山の廃液などに含まれるカドミウムは人体に蓄積されやすく、富山県ではイタイイタイ病を引き起こした。カドミウムの食品衛生法の残留基準値は1ppmで、農水省は1ppm以上の米は廃棄とする一方、農家の保護と消費者の不安解消のため、0.4ppm以上1ppm未満の米は国費で買い上げ、着色したうえで、工業用として売却してきた。

 毎年、新たに生じるカドミウム米は04年度から国に代わり社団法人・全国米麦改良協会が国の補助で買い上げ、07年度は4億円で2400トン(1トン当たり約17万円)が購入された。政府が保有するカドミウム米の在庫も6千トンあり、これらがすべて廃棄処分とされる。農家からの買い上げは今年度内は続ける。焼却処分には1トン1万円前後の焼却費と運送費がかかるという。

 現在、農水省は合板メーカー2社と道路の敷石メーカー1社に販売。合板メーカー2社は販売を中止しても業務に支障ないとし、敷石メーカーにはカドミウム米に代わって政府保有の輸入米を売却する。(歌野清一郎)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内