現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 食の不安
  5. 記事

ミシュラン☆☆仏料理店に排除命令 産地偽装で公取委

2008年12月16日22時48分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 昨年のミシュランガイド東京で二つ星を獲得した、ヒルトン東京(東京)の仏料理店「トゥエンティ・ワン」の料理に不当表示があったとして、公正取引委員会は16日、景品表示法違反(優良誤認)で、ホテルを経営する日本ヒルトン(東京)に対し、排除命令を出した。「前沢牛」「北海道産ボタンエビ」「オーガニック野菜」などと表示した料理が、実際は別の産地だったり、農薬使用の野菜だったりしたという。

 調べでは、同店は昨年2月〜今年9月ごろまで、店のメニューやポスターで最高品質の「前沢牛」を使っているように表示していたが、実際に使われたのは2割未満で、多くは市場価格が2〜3割安い山形産の牛肉だった。

 また「オーガニック野菜」と表示していたが、使われた約100種類の野菜のうち、有機野菜はわずか4種類。さらに「北海道産ボタンエビ」「銚子沖金目鯛(きんめだい)」「北海道産ホタテ貝」といった他のメニューの産地表示も、多くがでたらめだったという。

 こうした不当表示の料理は単品だけでなく、9500〜1万6500円のコースにも出されていたという。

 公取委が発注や納品の伝票を調べたところ、産地や無農薬を指定した形跡がなかったり、別の産地が書かれていたりしたという。同店は発覚後の9月に閉店し、今年のガイド本には掲載されなかった。

 公取委幹部は会見で「認識がありながら、店は偽表示を続けていた。チェックできなかったホテルにも問題があった」と指摘。ヒルトン東京は「ご迷惑をおかけしたことをおわびします」とコメントしている。(高田英)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内