現在位置:
  1. asahi.com
  2. 年末年始特集
  3. 季節のニュース
  4. 記事

年末年始特集

伝統の技、古式日本刀鍛錬打ち初め式 岐阜・関市

2009年1月2日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真仕事の繁栄と一年の無事を祈って打ち初め式が行われた=2日午前、岐阜県関市、古沢孝樹撮影

 鎌倉時代の刀鍛冶(かたなかじ)からの伝統がある岐阜県関市で2日、刀匠らが仕事の繁栄と1年の無事を祈る古式日本刀鍛錬打ち初め式があった。約1千人の観光客らが集まり、伝統の技に見入った。

 刃物業界の関係者らは、春日神社(関市南春日町)でおはらいを受けた後、隣接する関鍛冶伝承館に移り、真っ赤に熱した鋼(はがね)を大づちで打った。座りながら鋼を固定しつつ合図する横座(よこざ)と、つちを振り下ろす先手(さきて)3人の計4人が、「キーン、キーン」と音を響かせながら、火花を散らせた。


朝日新聞購読のご案内