現在位置:
  1. asahi.com
  2. 年末年始特集
  3. 季節のニュース
  4. 記事

年末年始特集

姫さま、初春の真剣勝負 京都・八坂神社でかるた始め

2009年1月3日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真時代装束でかるた遊びを披露する女性ら=3日午後、京都市東山区の八坂神社、上田潤撮影

写真時代装束でかるた遊びを披露する女性ら=3日午後、京都市東山区の八坂神社、上田潤撮影

 短歌を初めて詠んだとされる素戔嗚尊(すさのおのみこと)をまつる京都市東山区の八坂神社で3日、宮中装束をまとった「かるた姫」らが百人一首かるたの腕を競う、恒例の「かるた始め」が開かれた。姫や童子らの真剣勝負に、初もうでに訪れた参拝客らが見入った。

 日本かるた院本院(本部・京都市)と同神社の共催。今年は同院に通う中学生以上の女性8人が扮するかるた姫と、小学生の男女16人が神社の能舞台で対戦し、鮮やかな手さばきを披露した。


朝日新聞購読のご案内