現在位置:
  1. asahi.com
  2. 年末年始特集
  3. 振り返る08年
  4. 記事

年末年始特集

ヒラリー氏の目に涙 支持率下落、「うそ泣き」の見方も

2008年1月8日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 米大統領選の最初の予備選が翌日に迫ったニューハンプシャー州で7日、同州での支持率が下降している民主党のヒラリー・クリントン上院議員が目に涙を浮かべる一幕があった。米メディアが一斉に伝えた。

 いつも強気のクリントン氏が人間的な一面をみせたという同情論の一方で、「疲れが出たのだろう」「(有権者を取り込む)うそ泣きでは」といった見方も出ている。

 3日のアイオワ州党員集会で3位に甘んじ、巻き返しをはかるクリントン氏は、州東部ポーツマスのカフェでの対話集会に出席。選挙戦の苦境を前提に、参加者の女性が「どうしたら、そんなに前向きでいられるのですか」と質問した。クリントン氏は「簡単ではありません」と苦しい思いを吐露。「自分が正しいと信じていなければ前向きではいられません。私は米国が後退するのを見たくないのです」と言いながら声を詰まらせ、目をうるませた。

 米ギャラップ社がニューハンプシャー州で実施した最新調査(4〜6日)によると、オバマ上院議員が41%でトップとなり、クリントン氏は28%。13ポイントの大差をつけられている。

 クリントン氏の「涙」について、オバマ氏は「選挙戦は大変なものだ」と話した。

 ◆全米世論調査、オバマ氏並ぶ

 米紙USAトゥデーと世論調査機関ギャラップが7日発表した共同世論調査によると、民主党の指名争いでしのぎを削るヒラリー・クリントン、オバマ両上院議員の全米での支持率が33%で並んだ。3位はエドワーズ元上院議員で20%。

(2008年1月8日 朝日新聞夕刊)


朝日新聞購読のご案内