現在位置:
  1. asahi.com
  2. 年末年始特集
  3. 振り返る08年
  4. 記事

年末年始特集

秋田なまはげ、苦情相次ぐ 女性の体触る

2008年1月16日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 秋田県男鹿市の宿泊施設で昨年大みそか、「なまはげ」が女風呂に乱入し、入浴していた女性数人の体を触った問題で、他の5施設でも「抱きつかれた」などの苦情が寄せられていることが15日、分かった。同市はホームページでおわびするとともに、なまはげの「暴れ方」などについて行動指針を決めるという。男鹿署も事実確認を始めた。

 同市観光課などによると、新たな苦情は5施設で7件。「抱きつかれた」「体を触られた」などが女性客から寄せられたという。こうした苦情が市に寄せられたことは過去になかった。

 同市は地元の町内会と協議会を設け、再発防止のための行動指針を作ることを決めた。

 市によると、なまはげは民家などを訪れて暴れ、酒をもらっているが、飲酒量や暴れ方、なまはげになる人物の選び方などについて指針を作るという。

(2008年1月16日 朝日新聞朝刊)


朝日新聞購読のご案内