現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 北朝鮮関連
  5. 記事

発射ミサイル、日本上空を通過 官房長官「厳重に抗議」

2009年4月5日12時43分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真北朝鮮のミサイル発射に備えて首相官邸に入り、記者の質問に答える河村官房長官=5日午前10時8分、、河合博司撮影

図拡大ミサイルの通過ルート

 北朝鮮が5日午前11時半ごろ、長距離弾道ミサイル「テポドン2」の改良型とみられる機体を発射した。東北地方上空を通過、ブースター(推進装置)の1段目は秋田県西の日本海に落下した。日本政府が発表した。北朝鮮は「衛星打ち上げ」としている。政府は国連安保理決議違反だとして、米国、韓国などと連携し、06年の制裁決議の厳格な履行を求める新決議の採択を目指す。政府はミサイルが日本の領域に落下する恐れがなかったため、迎撃は見送った。

 日本政府は午前11時32分、米国の早期警戒衛星による情報などをもとに、「北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射された模様だ」と発表した。発射は東方向に向けて1発。1段目のブースターは午前11時37分ごろ、秋田県西約280キロの日本海に落下したと推定される。1段目を切り離した後の機体は、同11時48分ごろ、日本の東約2100キロの太平洋上まで追尾したが、その後、着水したか飛行を続けたかについては確認できていない。

 警察庁は秋田、岩手両県を中心に落下物がないか情報収集にあたっているが、正午時点では被害の情報はない。麻生首相は首相官邸で記者団に対し(1)日本の領域の安全確認と航空機及び船舶の安全確認(2)情報収集態勢の強化(3)国民への迅速な情報提供――を指示したことを明らかにした。

 河村官房長官は正午から首相官邸で記者会見を開き、今回の発射が過去の国連安全保障理事会決議に違反しており「極めて遺憾であり、厳重に抗議する」と述べた。「現時点で被害情報はない」とも述べた。政府は、国連安保理に緊急会合の開催を要請した。政府は首相官邸の連絡室を対策室に格上げ。外務省にも外相を長とする緊急対策本部が設置された。

 北朝鮮は4〜8日の午前11時〜午後4時に試験通信衛星を運ぶロケットを打ち上げると、国際海事機関(IMO)などに事前通告。4日朝、「準備完了。間もなく発射される」と発表したが、同日の発射は見送っていた。防衛省は4日、2度誤って発射情報を流したことから、5日は情報伝達にミスがないよう、万全の態勢に努めた。

 政府は3月27日、打ち上げ失敗による日本の領土・領海への落下に備え、自衛隊法に基づく「弾道ミサイル破壊措置命令」を初めて発令。海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を搭載したイージス艦2隻を日本海に、地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)を秋田、岩手両県と首都圏の計5カ所に配備して警戒していたが、迎撃は見送った。

 北朝鮮は98年、長距離弾道ミサイル「テポドン1」(射程1500キロ以上)を発射、一部が日本上空を越え三陸沖の太平洋に落下した。06年には「テポドン2」を発射したが、打ち上げ直後に分解し、北朝鮮沿岸などに落下した。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内