現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 北朝鮮関連
  5. 記事

神奈川県、朝鮮学校への補助金交付へ 拉致の表記改訂で

2011年6月1日22時0分

 神奈川県の黒岩祐治知事は1日、神奈川朝鮮学園(横浜市神奈川区)に対する県の補助金約6300万円を今年度も払う方針を明らかにした。県がこれまで問題視してきた同校の高校生が使う歴史教科書について、拉致問題などの表記を学校側が改訂したり副教材で補ったりする約束を県側にしたためという。

 朝鮮学校については複数の都府県が歴史教育の内容を問題視しており、神奈川県でも松沢成文前知事が昨年、「教育内容によっては補助金の支給を見送る」との方針を表明していた。

 県が特に問題視したのは、高校の歴史教科書で拉致問題について「日本当局は、『拉致問題』を極大化し」と表記し、87年の大韓航空機爆破事件を「ねつ造」と断定していた部分。学校側に改訂を求め、2010年12月以降の補助金の交付を留保する、と通告した。

 学校側は、今年4月に使用する教科書から記載を見直し、「極大化」や「ねつ造」との表現を削除したことを先月、県側に報告した。

 ただし、黒岩知事が改訂内容を精査すると、新たな教科書では爆破事件の表記の改善は確認できたが、拉致問題については、県が問題にした「極大化」の表現だけでなく、記載自体がすべてなくなっていた。

 このため県が再度、学校側に改善を求めた結果、拉致問題について詳細に記載した副教材を生徒に配布して説明することで、学校側と折り合ったという。

 一方、同校の校長は1日、朝日新聞の取材に「知事会見の内容がわからないので、答えられない」と繰り返した。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の広報担当者は「双方が歩み寄りつつあることは良いことだ。ただ、教材の取り扱いをめぐる神奈川県の提案は学校側とすべて合意したものでなく、今後も検討し続ける話との報告を学校から受けている」と語った。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧