現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 北朝鮮関連
  5. 記事

北朝鮮貨物船、米軍の追跡受けミャンマー行き?断念

2011年6月13日23時35分

 5月下旬に北朝鮮を出港した貨物船が米海軍の追跡で寄港を断念し、北朝鮮に先週戻った。米韓両国政府関係者が明らかにした。両国は、船舶がミサイル関連物資を積み、ミャンマー(ビルマ)を目指していたと推測している。

 船舶はベリーズ船籍のライト号。北朝鮮西部の南浦港を出港した。米国防総省のラパン副報道官によると、米海軍が途中から追跡し、26日に立ち入り検査を要請したが、北朝鮮人船長は拒否。ライト号はマレー半島近くの公海上にしばらくとどまった後、29日に北朝鮮に向かった。韓国筋によると、米国は東南アジア諸国に対し、同号が自国領海に入った場合に臨検をするよう求めたという。

 韓国政府関係者の一人は、同号が2009年の国連安保理決議によって禁じられたミサイル関連物資を積んで、ミャンマーを目指していた可能性が高いとの見方を示した。ミャンマーは米国に対し、関与を認めていないという。

 北朝鮮の東南アジア向け武器輸出を巡っては、09年6月に、北朝鮮の貨物船カンナム号が米軍の追跡を受けて引き返した例がある。(ソウル=牧野愛博)

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧