現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 橋下知事の日々
  5. 記事

橋下知事、20億円御堂筋キラキラ構想 歳出削減は?

2008年4月25日11時35分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

地図

 大阪府の橋下徹知事は、大阪市の御堂筋をこの冬、イルミネーションで彩る構想をまとめ、関係機関と協議に入った。12月から3カ月間程度、延長約3キロを飾る計画。事業費は最大20億円と試算している。ただ、橋下知事は1100億円規模の歳出削減を目指しており、構想実現に向け論議を呼びそうだ。

 関係者によると、イルミネーションは御堂筋の淀屋橋から難波までのイチョウ並木に飾り、毎年12月に大阪・中之島で開かれる「OSAKA光のルネサンス」と連動させる。これに先立ち、10月19日に開業予定の京阪電鉄中之島線に合わせ、堂島川沿いの延長3.5キロもイルミネーションや建物のライトアップで彩る計画だ。

 環境に配慮し、電飾には消費電力の比較的少ない発光ダイオード(LED)の利用を検討。橋下知事がシャープの片山幹雄社長に相談し、太陽光発電も検討中という。設置費用は10億〜20億円と試算。府が全額を負担するのは困難なため、民間から資金協力を仰ぐ仕組みも考えることにしている。すでに御堂筋を管理する近畿地方整備局や大阪市と協議を始めている。

 橋下知事は知事選で「冬季イルミネーションイベント」を掲げ、就任後も強い意欲を強調。知事直轄の重要政策プロジェクトチーム(PT)が具体策を検討してきた。

 一方、橋下知事は改革PTに大幅な歳出削減案をまとめさせ、府民や府内の首長に「我慢」を求めている。このため、庁内には「歳出削減のさなかに理解が得られるのか」と疑問視する声もある。

 これに対し、橋下知事は23日の記者会見で「批判は来ると思うが、イルミネーション事業は景観をつくる府がやるべき事業と思っている」と強調。24日には海外メディアの取材に「大阪を光の街にしていく。冬には驚くような光景を目にすることができる」とアピールした。(斎藤利江子)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内