現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 橋下知事の日々
  5. 記事

爆笑問題が橋下知事支援 ふるさと納税で1千万円寄付

2008年9月24日13時38分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(右)と田中裕二さん

 人気お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さんと太田光さん夫妻の3人が今月、ふるさと納税制度で大阪府に合計1千万円を寄付した。橋下徹知事はタレント弁護士時代から爆笑問題の所属事務所と業務提携しており、親交のある3人に知事が寄付を依頼した。府は府内の歴史的町並みや景観などを内外に発信していく「大阪ミュージアム構想」に活用する予定だ。

 橋下知事は5月、大阪の魅力を発掘・再発見してアピールしていく同構想を発表。事業資金として、ふるさと納税の寄付金を広く募っている。6月に知事が東京のテレビ局で爆笑問題の2人と芸能事務所「タイタン」社長で太田さんの妻光代さんに会った際、協力を頼んだという。

 光代さんは「橋下さんが頑張っているので応援しようと思って」と話し、橋下知事は「多額の寄付をいただき、本当にありがたい」と報道陣に語った。構想に賛同して24日現在で4800万円余りの寄付金が集まっている。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内