現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 橋下知事の日々
  5. 記事

橋下知事「小さい頃からギャンブルを。国民を勝負師に」

2010年10月28日23時4分

 大阪府の橋下徹知事は28日、カジノの合法化をめざす国会議員らを招いた「ギャンブリング*ゲーミング学会」の大会に出席し、「ギャンブルを遠ざける故、坊ちゃんの国になった。小さい頃からギャンブルをしっかり積み重ね、全国民を勝負師にするためにも、カジノ法案を通してください」と議員らにカジノ合法化を求めた。

 同学会は東京都内のホテルで開かれ、カジノ合法化をめざす超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」の国会議員らが出席。議連会長の古賀一成衆院議員(民主)がこの場で、来年の通常国会にカジノ法案を提出したいと述べた。

 橋下知事はカジノを含む統合型リゾート施設の府内への誘致をめざしており、この日も「増税よりカジノ。収益の一部は教育、福祉、医療に回す。隣の兵庫県知事が反対しても無視。わいざつなものは全部大阪が引き受ける」と語った。

PR情報
検索フォーム

おすすめリンク

珍しい旧日本軍の多彩な入試問題の歴史を紐解きつつ詳しくたどる。

福島県ではイノシシが増え、農作物を荒らしまわる。その一因は原発事故にあった。

解放者であり、支配者でもあるアメリカと、オキナワをたどって見えてきたものとは。

「東電さん」の恩恵を受け、「ふくいち感謝デー」にも毎年参加していた生活が一変して…。

加藤千洋さんの記事を配信中。第一線の論客と朝日新聞の専門記者が、「タイムリーで分かりやすい解説」を提供。

日本のエネルギー政策の将来ビジョンがどこにも示されていないのはなぜか。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介