現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 世論調査
  5. 記事

原発再開「反対」が57% 朝日新聞世論調査

2012年3月12日21時54分

図拡大原発の運転再開に…

 朝日新聞社が10、11日に実施した全国定例世論調査(電話)によると、定期検査で停止中の原発の運転を再開することに57%が反対し、賛成の27%を大きく上回った。原発に対する政府の安全対策については「信頼していない」という人が80%に上った。

 原発の再開賛否は、男女の違いが目立つ。男性は賛成41%、反対47%とそれほど賛否の差がないのに対し、女性は賛成15%、反対67%で差が大きい。

 現在稼働中の原発は、全国で2基。原発の停止による経済への影響を「心配している」人は、「大いに」と「ある程度」を合わせて75%に達したが、こうした人たちでも運転再開に賛成は31%にとどまり、反対54%の方が上回った。

 政府の原発に対する安全対策は「あまり信頼していない」52%、「まったく信頼していない」28%。政府は運転再開の前提となるストレステスト(耐性評価)を進めているが、安全面での不信感は強いようだ。

 東京電力が検討中の家庭用電気料金の値上げについて全国で尋ねると、「納得できない」が79%で、「納得できる」の17%に大差をつけた。東電の供給管内では「納得できない」が83%と高めだった。

 一方、銀行で10年以上お金の出し入れがない「休眠口座」の預金について、政府が検討中の「復興などに使うこと」に賛成49%、反対41%で見方が割れた。

 野田佳彦内閣の支持率は前回2月調査と同じ27%。不支持率は48%だった。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介