現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 四川大地震
  5. 記事

中国への空自機派遣見送り、発表 数日中に民間機第1便

2008年5月30日15時11分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 政府は30日、中国・四川大地震の被災者支援物資を運ぶための自衛隊機派遣を見送ることを発表した。中国国内で自衛隊機受け入れに反発があることを考慮した。物資は民間機をチャーターして輸送する。第1便として数日中に、兵庫県など所有のテントを関西空港から成都(四川省)に運ぶ方針だ。

 町村官房長官は同日午前の記者会見で「今回は自衛隊機派遣を行うことはない。中国国内で一部慎重論が出始めていることを考慮し、日中間で協議した結果、自衛隊機による輸送は見送ることにした」と述べた。

 自衛隊機による救援物資の輸送は、中国政府が27日、北京の日本大使館にテントなどの支援を要請したことで浮上した。中国側が輸送手段として自衛隊機も受け入れる考えを示したことから、日本政府は迅速に派遣が可能な自衛隊機を使用する方向で検討に入った。

 自衛隊の部隊が中国国内に入るのは初めてで、実現すれば、日中関係進展のシンボルになるとの見方がでる一方、中国国内ではインターネット上に反対意見が書き込まれるなど、世論が二分されていた。町村氏は会見で「摩擦を起こしてまでやるような話ではない」と述べた。

 一方、石破防衛相は30日の記者会見で、中国国内で根強い自衛隊への拒絶反応について「日本に対する信頼を獲得するための努力を今後も地道にやっていかねばならない」と述べ、日中間の防衛交流については、「淡々と進める」と語った。

 兵庫県によると、チャーター機で運ぶテントは200張り(2千万円相当)。災害備蓄用として県内の倉庫に保管しているもので、1張りに約10人が入れるという。第1便には、兵庫県以外にもう1県のテントも積まれる見通しだ。

 自衛隊機派遣について、政府は国際緊急援助隊派遣法に基づき、愛知県の航空自衛隊小牧基地所属のC130輸送機3機でテントや毛布などを運ぶ派遣計画の原案を作成、早ければ週末にも第1便を出発させる態勢を整えつつあった。自衛隊機の受け入れについて、中国側の最終的な確認を待っていたが、両政府間の協議の結果、自衛隊機の活用は今回見送ることになった。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内