現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 岩手・宮城地震
  5. 記事

断層ずれ垂直3メートル、崩落引き金か 岩手・宮城地震

2008年6月19日15時2分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真荒砥沢ダム近くの道路に現れた断層=19日午前、宮城県栗原市、本社ヘリから、上田幸一撮影

 岩手・宮城内陸地震を起こしたとみられる断層の大規模なずれを産業技術総合研究所の遠田晋次・主任研究員らの調査チームが19日、宮城県栗原市の山中で見つけた。断層のずれは、最大で垂直方向に約3メートル、水平方向に約4メートルに達する。北東から南西に約1キロにわたって確認できた。断層の南西端は荒砥沢ダムの北側に延びており、大規模土砂崩れの引き金となった可能性があるという。阪神大震災では、断層のずれが垂直方向約1メートル、水平方向約2メートルだった。(鈴木彩子)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内