現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 働けど貧困
  5. 記事

派遣切られ東尋坊へ 履歴書の裏「これ以上は無理。…」

2008年12月25日9時49分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真東尋坊で保護された後、NPOのスタッフに身の上を打ち明ける男性(左)。2週間ほど前、「派遣切り」にあったという=福井県坂井市

写真男性を保護したNPO「心に響く文集・編集局」代表の茂幸雄さん。双眼鏡を手に、夕暮れどきを見計らって巡回する=福井県坂井市の東尋坊

写真日本海に面した東尋坊=福井県坂井市

 クリスマスイブの24日。日本海にある断崖(だんがい)の景勝地・東尋坊(福井県坂井市)に、千葉県から鈍行電車を乗り継いできた一人の男性がいた。2週間ほど前、勤務先から突然「派遣切り」を告げられた。胸には両親にあてた遺書があった。地元のNPOに保護された男性は「助けてもらった恩返しをしたい」と明日への希望を語った。

 「悩んでいるようだけど、お手伝いできますよ」。午前11時過ぎ、東尋坊そばの観覧タワーで疲れ切ったように座り込んでいた男性に、地元で自殺を思いとどまらせる活動を続けるNPO「心に響く文集・編集局」(茂=しげ=幸雄代表)の女性スタッフが声をかけた。「もう大丈夫。世話してやるから安心しなさい」。茂さんの一言にNPOの相談所で男性は泣き崩れた。

 茂さんを通じて男性に身の上を聞かせてもらった。男性は30代で千葉県出身。独身だ。東京都内の大手家電店の物流倉庫で2年間働いていたが、今月7日、突然、人材派遣会社から契約の打ち切りと退寮を告げられた。

 在来線を2日余り乗り継いでJR福井駅にたどり着いた。東尋坊までの約30キロほどを夜通し歩いた。足もとが明るくなって死に場所を探していると、朝焼けに映える海の美しさに息をのんだ。声を掛けられたのはためらって体を休めていた時だった。作業着にジャンパー姿。所持金は300円しかなかった。

 5年ほど前に弟が事故死した。給料24万円のうち、残された弟の妻と子どもに毎月15万円を仕送りしてきた。今春の小学校入学を機に仕送りはやめたが、生活の蓄えは全くなかった。ネットカフェで暮らすようになった。そのカフェで財布を盗まれ、支払いができずに無銭飲食で警察に突き出された。父親に代金を立て替えてもらった。

 同じ頃、弟と同学年だった親友が自分同様に派遣契約を打ち切られた。連絡が取れずに実家に電話をすると「死んだ」と聞かされた。理由を聞くと、遺族は泣き出した。心にぽっかり穴が開いた。

 就職について地元の市役所などに相談したが、「本気で仕事を探しているのか」とあしらわれた。誰も親身に話を聞いてくれない――。言いようのない絶望感に包まれた。「死んだ方が楽かもしれない」。自殺者が多いと聞いていた東尋坊が頭に浮かび、足が向かった。

 長い列車の移動中に遺書を書いた。所持していた紙は白紙の履歴書しかなかった。その裏にこう書いた。

 「おやじ、おふくろ、本当にゴメン。最後の最後までめいわくをかけるけど、これが本当に最後だから。いろいろやってみたし、仕事もさがしたけど何をやってもうまくいかなかった。これ以上は無理。……」

 今年6月、東京・秋葉原の連続殺傷事件の現場に偶然、居合わせた。走り込んできたトラックに目の前の男性がはね飛ばされたのを見て、119番通報した。逮捕された容疑者が派遣社員だったとニュースで知った。「自暴自棄になっていたのは同じ。一歩間違えば、彼になっていたかもしれない。最低限でも生活が得られるような、人を追い込まない社会であってほしい」。男性はそう話した。

 県警坂井西署の統計では、東尋坊で年間25人前後が自殺している。派遣労働者への契約解除が全国で広がりを見せた11月、茂さんらNPOが保護したのは例年の3人前後を上回る6人。うち4人が職を失った派遣労働者だった。茂さんらは、地元の坂井市などに、東尋坊周辺のパトロールの強化や、保護者の生活支援を要望している。

 女性スタッフから「来年はいい年にしないとね」と声をかけられた男性は、「はい」と小さな声で答えた。しばらく福井に滞在し、仕事を探すつもりだ。(田中章博)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内