現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 揺れる角界
  5. 記事

露鵬は5倍、白露山10倍の大麻成分検出 国際機関基準

2008年9月8日21時2分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真記者会見に臨む北の湖前理事長(左)と武蔵川新理事長(中)=8日午後、東京都墨田区の国技館、細川卓撮影

 大相撲の幕内露鵬(28)=大嶽部屋=、十両白露山(26)=北の湖部屋=が尿検査で大麻の陽性反応を示した問題で、日本相撲協会は8日、臨時理事会を開き、精密検査の結果、大麻使用が確定的になったとして両力士の解雇処分を決めた。白露山の師匠でもある北の湖理事長(55)=元横綱=の理事長職辞任も正式に発表した。後任の理事長には事業部長の武蔵川理事(60)=元横綱三重ノ海=が昇格した。

 この日の理事会では、世界反ドーピング機関(WADA)が国内で唯一、公認した専門機関での精密検査の結果が報告された。WADAは大麻成分の違反基準を尿1ccから15ナノグラムと定めている。これに対して露鵬は5倍、白露山は10倍の数値が示されたため、大麻使用は確実と判断された。

 検査を担当した大西祥平・慶大スポーツ医学研究センター教授は「体内に大麻があったのは事実。他人の煙による副流煙ではなく、自分自身が大麻を吸ったと判断せざるを得ない」としている。

 理事会では両力士の処分を協議。弟子をかばって検査を疑問視する発言をしていた北の湖理事長も「数値が高かったという事実を真摯(しんし)に受け止めないといけない」として結果を全面的に受け入れた。

 理事会では両力士の処分のほか、師匠の責任も問うことにし、露鵬の師匠の大嶽親方(元関脇貴闘力)は、親方の協会内の序列を「委員」から「年寄」へ2階級降格させる処分が決まった。

 理事長は自ら引責辞任を申し出て了承された。理事にはとどまり、空席だった大阪場所担当部長に就いた。理事長が任期半ばで辞めるのは、茶屋制度の改革を巡って割腹自殺(未遂)を図った57年の出羽海理事長(元横綱常ノ花)以来、51年ぶり。

 北の湖理事長は02年に就任し、今年2月に4期目に入ったばかり。昨年の朝青龍騒動や時津風部屋の力士暴行死事件で対応の遅れを批判されたが、いずれも「師匠の責任」と主張して自身の責任を回避してきた。今回は弟子の不祥事で師匠としての責任を免れることはできなかった。

 記者会見で北の湖理事長は「協会、ファンの皆様にご迷惑をかけた。私の責任です。陽性という結果が出たら辞職するのは当然」と話した。

 第57代横綱の武蔵川新理事長は「度重なる不祥事を起こし、ご迷惑とご心配をかけたことを深くおわびしたい。二度とこのような事件を起こさないよう、協会一丸となり防止策を考えたい」と語った。すでに実施した十両以上に続き、幕下以下の力士についても尿検査を実施する方針だ。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内