現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. イージス艦衝突
  5. 記事

イージス艦海士長が自殺未遂、漁船衝突時の当直員

2008年3月25日13時30分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 漁船との衝突事故を起こした海上自衛隊のイージス艦「あたご」の乗組員で事故当時の当直員だった海士長が、24日に艦内で自殺しようとしていたことが、25日わかった。海士長は病院に運ばれ、命に別条はないという。

 関係者によると、海士長は、あたごが漁船清徳丸と衝突した時の艦橋の当直員の一人で、第3管区海上保安本部が数回、事情を聴いていた。防衛省・海自による聴取はまだ行われていなかったという。

 海士長は24日午後、艦内で刃物のようなものを使い、自分の手首を切ったという。

 石破防衛相は閣議後の会見で「乗組員がけがをし、病院に運ばれたのは事実。具体的な状況は言えない」と説明した。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内