現在位置:asahi.com>ニュース特集>急転「ロス疑惑」> 記事

新証拠、言及避ける ロス市警「2、3年前から捜査」

2008年02月26日10時47分

 81年に米国ロサンゼルス市内で妻を銃撃、殺害したとして、米自治領サイパン島で逮捕された元雑貨輸入販売会社社長三浦和義容疑者(60)について、ロス市警は25日、記者会見を開いた。日本では無罪が確定している三浦元社長について、2、3年前から本格的な捜査を再開していたことを明らかにした。しかし、米連邦捜査局(FBI)が日本側に語ったという「新証拠」の有無は答えなかった。

写真

25日、記者会見するロサンゼルス市警未解決事件捜査班のリック・ジャクソン刑事(中央)

 会見したロス市警未解決事件捜査班のリック・ジャクソン刑事は、三浦元社長がたびたびサイパンに旅行している事実をつかみ、2、3年前から逮捕、移送に向けた協議を関係当局と重ねてきたと説明した。この時期に逮捕に踏み切ったことについては、(1)元社長がサイパンに再び訪れる情報を得たこと(2)未解決事件の専門捜査班ができ、再捜査をする余裕ができたことを理由に挙げた。ロス市警が殺人と共謀の容疑で88年5月に取得した逮捕状を執行した。 

 新証拠の有無については「コメントしない」とした上で、過去の未解決事件での逮捕に「必ずしもDNAや指紋などの証拠が必要なわけではない」と指摘。今回のように、逮捕状があり、容疑者を再度取り調べられる環境が整った場合には、仮に新たな証拠がなくても逮捕に踏み切る場合があると語った。

 銃撃を実行した人物は「三浦元社長ではなく、第三者だ」と述べるにとどまった。共犯として日本で殺人罪に問われ、無罪判決が確定した知人の元駐車場経営者についても言及を避け、共謀の詳細は「明らかにできない」とした。

 日本で無罪が確定しているのに逮捕したことについては「郡検察局と頻繁に協議し、『一事不再理』には抵触しないと判断した」と述べた。

PR情報

この記事の関連情報

このページのトップに戻る