現在位置:asahi.com>ニュース特集>急転「ロス疑惑」> 記事

三浦元社長の申し立て 元M・ジャクソン氏の弁護士担当

2008年03月07日22時38分

 81年の米ロサンゼルス銃撃事件で、米自治領サイパン島で逮捕・勾留(こうりゅう)されている元輸入雑貨販売会社社長の三浦和義容疑者(60)=日本では無罪確定=の移送を巡り、弁護側は7日、88年に発行された逮捕状の無効をロサンゼルスの裁判所に申し立てることを明らかにした。サイパンでは、勾留は不当だとして人身保護請求を週明けにもする予定という。

 三浦元社長の弁護人のブルース・バーライン氏によると、カリフォルニア州で手続きをするのは、マーク・ゲラゴス弁護士。歌手のマイケル・ジャクソン氏などの弁護をしたことで知られる。銃撃事件の発生から今回の逮捕までについて、特異性や法解釈の仕方に関心を示しているという。

PR情報

この記事の関連情報

このページのトップに戻る